意外と古い脱毛の歴史

歴史的な彫刻や絵画に描かれる女性は体毛が描かれていません、それから察するに脱毛の歴史はかなり古くからあるのです。
紀元前4000年~3000年前にはすでに記録があり、当時は硫黄やでんぷんを含んだ除毛剤が使用されていました、また地中海沿岸では紐に毛を挟み込んで抜くという方法が用いられていたそうです。
紀元前1500年頃の書物にはエジプトでも脱毛剤が使われたと記述があり、当時の脱毛剤は「焼いたハスの葉を油と一緒に亀の甲羅の中に入れ、カバの脂肪を加えた」ものだったそうです、なんだか想像できませんね。
更に紀元前30年から40年頃にはクレオパトラも脱毛剤でムダ毛を除去していたとされています、古代のエジプトの工芸品の中にはブロンズの剃刀や床屋さんなどが使用しているような長い刃の剃刀も発見されたそうです。

一方日本では
8世紀頃~(平安時代)この頃から貴族の女性たちは額の余分な毛を抜いて整えていたそうです。
一気に時代は流れて江戸時代、遊女達は平たい軽石二つで陰毛を挟んでこすり切ったり、線香で焼いたりしていたそうです。手足の毛の処理には脱毛剤が使われており、当時の脱毛剤は「木の実から取った油と、軽石を砕いて粉にしたものを混ぜた」もので、これを手のひらで皮膚にすり込むことで、毛を磨耗させて切るという方法だったそうです。
江戸時代後期には毛抜きで眉毛を整える様子が浮世絵などにも描かれています。
いよいよ近代
19世紀には永久脱毛を目的とした様々な脱毛方が研究されました、例えば、毛を抜いた後でわざと汚れた針を毛穴に入れ、炎症を起こすことによって毛穴をふさごうとしたり、直接肌に硫酸を塗るなんて過激な方法もありました、もちろん永久脱毛の効果がないだけでなく、肌に酷い痕を残すような結果だったようです。
1916年アメリカでマルチプルプローブ電気分解脱毛器を発売し電気脱毛の市場が拡大。1924年フランスで高周波脱毛法が発表されました。1945年アメリカで電気分解脱毛方と高周波脱毛方を組み合わせた、ブレンド脱毛方が開発され、1970年代に日本にブレンド脱毛器が輸入されエステティックにおいて電気脱毛技術者による施術が行われるようになりました。
1983年アメリカ ハーバード大学のロックス アンダーソン博士が選択的光熱融解理論を発表。この理論に基づきレーザー治療、レーザー脱毛の研究が進み1997年日本にもレーザー脱毛器が輸入されました。
そして現在
日本では、医療用のレーザー脱毛と、出力の弱いいわゆる美容ライト脱毛、美容電気脱毛、など、希望する人のニーズに合わせて脱毛方が選択できるようになっています。
Pagetop